泉区にて放射線量基準値超え(道路側溝土砂から)

先月11月27日に泉区(中田南5丁目)にて、町内会の清掃活動で道路側溝などから除去された土砂から、地上1メートルで横浜市の除染基準(毎時0・23マイクロシーベルト)を超える0,49マイクロシーベルトの放射線量が計測されました。また、29日に土木事務所が改めて測定したところ、地上1センチでも最大0・75マイクロシーベルトで、横浜市の地上1センチの基準値(0・59マイクロシーベルト)を超える数値を確認しました。現在は、泉土木事務所にて仮置きされています。基準を超えた道路側溝などは除染清掃が行われ、その後は基準値以下の数値を確認しています。尚、土木事務所敷地境界での放射線量の測定も行ない、基準値以下であることも確認されておりますので合わせてご報告致します。

年末に向け、各自治会、各ご家庭にて清掃活動がされると思いますが、堆積し易い場所などの清掃にはご注意頂き、各区土木事務所に相談し除去願います。

本日は、事務所にて来週の機関紙作成などの作業、地域回りの一日でした。また、夜は出身組織の大先輩方との懇談会にて色々とご意見を頂きながら有意義な時間を過ごさせて頂きました。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    横浜まちづくり特別委員会

    次の記事

    冷たい雨の一日