陳情対応

午前中市会にて介護保険事業・地域密着型サービスに関して当局より説明を受けました。支援者から問い合わせを頂いている内容ですが、この4月1日より、介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律(平成23年6月22日)等に 基づき現在、神奈川県が処理している事務については、指定都市(横浜市・川崎市・相模原市)及び中核市(横須賀市)にその権限が 移譲され、手数料が発生するとのことで、内容を確認致しました。この様な県からの権限移譲はこの先多くあると思いますが、対象者の不安等を払拭するために、アンテナを高くし、素早く返答出来る様に努めます。

午後は、業者からの陳情対応と、夕刻には出身組織の製造関係の総会にお邪魔しご挨拶させて頂きました。モノづくり・製造関連を取り巻く環境は厳しく、建屋の耐震関係の問題で、この5月より2年間秦野にある神奈川事業所での業務となり、多くの仲間が長距離通勤や単身赴任にて頑張って頂くことになります。また、同じく関係会社も今年度末までに橋本へ移転する予定で、こちらも長距離通勤や単身赴任での対応になります。企業も様々な構造改革で収益力を向上させるべく努力しております。横浜市としても厳しい財政状況の中、どの様な取り組みが必要なのか、色々と模索しながら取り組むことが重要だと思います。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    芙蓉保育園10周年