広島視察

今日は広島に視察に来ています。民主党横浜市会議員団の花上きよし議員(瀬谷区)と市野太郎議員(港南区)、横浜スタジアムの中山常務の4人でマツダスタジアム(広島市民球場)について勉強させて頂きました。

午後からは広島市議会の会議室をお借りして、広島市都市整備局の方に広島駅周辺の開発状況や、広島市民球場の建て替えに至るまでの経緯についてご説明頂き、また現在3年経過した状況・運営についてもご説明頂きました。以前の市民球場は1957年の開設後50年が経過し、老朽化が著しく、また施設の機能面においても座席が狭い、トイレが少ない、選手関連諸室が狭いといった多くの課題もあり、広島市民の総意にて建て替えに向かったとのことです。建て替えにあたっては、大リーグの球場を勉強し、ボールパークとしてより多くの方に球場にきてもらうアイデアが盛り沢山です。観客動員も以前は100万人を切る様な状況から、初年度は170万人、2・3年目は150万人超と着実に結果が出ております。天然芝を使って風通しの良い開放感溢れる球場で、横を走る新幹線からも球場の様子が分かる造りとなっています。立地的にはJR横にある横浜球場と同じような場所で、その工夫もためになるものでした。ドーム型球場も良いとは思いますが、やはり、大空の下、天然芝での野球に魅力を感じます。

夜には、マツダスタジアムに向かい、広島vs横浜DeNAベイスターズ戦を観戦しながら実際の施設も視させて頂きました。フード関係も大リーグ15球場にて事業を展開しているエームサービス株式会社が事業を展開しており、その取り組みもとても勉強になりました。今後、横浜球場にもこのアイデアを取り入れながら魅力ある球場づくりを進めて頂きたいと思います。我々もその改善に向けて議会でも提案していきます。

試合は残念ながら1-8で完敗でした(^_^;)

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    政調会議

    次の記事

    経済・港湾常任委員会