日立横浜事業所新拠点グランドオープン

今日は、戸塚区の日立横浜事業所内に建設中でした、ソフトウェア開発拠点と防衛・社会インフラ安全保障事業を担当するディフェンスシステム社の開発・製造拠点を集約した新社屋がそれぞれ完成し、グランドオープン致しました。そのオープニングパーティーでは中西社長から横浜事業所新拠点への期待が述べられ、行政からも、神奈川県から西村商工労働局副局長、横浜市から林市長、戸塚区から葛西区長を始め、それぞれの行政関係者も多く出席されての記念パーティーとなりました。私も、組織出身の議員としてお招き頂き、鏡開きの大役も仰せつかり、大変恐縮の中、完成を共にお祝いさせて頂きました。

新社屋のビルの屋上には太陽光パネルが設置され、500kwの発電量を誇り、ビル設置では国内最大のシステムとのことです。それ以外にも環境に配慮した色々な工夫がされており、とても参考になりました。防災対策でも免震構造を取り入れたビルとなっており従業員が安心して業務出来る構造となっております。

今後は、この横浜事業所では10,000人を超える方が業務に付きます。現在、お隣の東戸塚小学校や近隣の方々への配慮から、歩道の拡張工事が進行中です。今後1か月を掛けて、横浜事業所前の歩道が拡張されます。安全に歩行出来る改善となり感謝致します。今後は、行政に対し、戸塚駅からの動線整備、現在の歩道橋の安全性なども確認しながら、より安全な町づくりを色々と検証していきます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    台風4号ご注意を

    次の記事

    第2回定例会終了