特別委員会&常任委員会

昨日は市会にて委員会の一日でした。9時半より孤立を防ぐ地域づくり特別委員会正副委員長会議に出席させて戴き委員会の会議順序など確認し、10時から特別委員会がスタートしました。本委員会には今回オブザーバーとしてこども青少年局、健康福祉局に出席戴き、本委員会に関連する事業内容の現状と課題に関しての報告も戴きました。孤立は高齢者だけの問題ではなく、全世代(妊産婦、子育て中の保護者、子ども、若年層、高齢者、障害者)共通の問題であり、その背景を探ることからのスタートです。今後一年間、本委員会にて事例の検証や、現地視察、様々な専門家からご意見を聞き調査・研究を進めて参ります。
また、午後からはこども青少年局・教育委員会常任委員会が開かれました。子ども青少年局関係では、2歳男児重篤事例(瀬谷区)、5か月女児重篤事例(栄区)の報告を受け、子ども青少年局の24年事業概要関係も含め、各委員から多くの意見が出されました。特に「児童虐待」に関しての確認に意見は集中しましたが、「児童虐待」は宝物である子どもの未来が消えてしまう許されないもので、その対策は急務です。横浜市では子ども関係で様々な事業を展開しておりますが、子ども青少年局の確りとした指導の下、横浜市の子どもがキラキラと輝き、笑顔で生活をおくれる様、我々委員一同も一緒になって虐待撲滅に取り組みます。
また、教育委員会関係でも24年事業概要関係にて質疑応答がされました。「横浜教育ビジョン」の実現を目指し、チーム横浜として様々な教育施策を推進していくこととなります。
目標達成に向けた施策として掲げている、「知(確かな学力)」「徳(豊かな心)」「体(健やかな体)」「公(公共心と社会参画意識)」「開(国際社会に寄与する開かれた心)」を示す”横浜の子ども”を育みます。教育関係者全てが、この想いを共有して、より良い教育環境を整備していきたいです。また、教育委員会関係でも、市立小学校(金沢区)におけるいじめの発生について報告がされました。先日、新聞報道もされた本件ですが、経過含め、詳細な報告を受けました。本件は横浜市で全校配置に向け取り組んでおります児童支援専任教諭がおられたので、機能しなかったのが残念でなりませんが、保護者から相談を受けてからの学校側の対応含め、確りと検証し、いじめの早期発見と再発防止に全力をあげて取り組んで戴きたいと思います。
今日は午前中より7時間の会議となりました。今後も特別委員会・常任委員会の委員として頑張ります!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    日立グループ議員団総会