武家の古都・鎌倉 世界遺産不記載勧告

本日残念な報道がされました。横浜市、神奈川県、鎌倉市、逗子市の関係4県市と共同で推進してきました、武家の古都・鎌倉の世界遺産登録に関して、イコモス審査結果が公表され、「不記載(登録不可)」の勧告がされました。横浜市としても、金沢区の称名寺、朝比奈の切通が候補となっていたもので、とても残念です。今後、6月開催の世界遺産委員会にて正式な勧告がされますが、それまでにどの様な取り組みが必要か確りと検討しなければなりません。
一方、富士山は一歩前進出来、日本人として嬉しい限りです。

※イコモス:ユネスコ世界遺産委員会に対して専門的な立場から勧告を行なう諮問機関

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    エコ フェスティバル

    次の記事

    戸塚プレス