臨時議会可決

今日は、9時半から臨時議会に向けての団会議、10時より臨時議会が開かれました。
今回の議会は先日ご報告した通り、国から地方公務員給与・期末手当削減要請に対し、地方公務員・横浜市としての対応策として、一般職(3.79~8.79%)の減額、また、市長・副市長・常勤監査の特別職の減額(10%~13%)に関しての採決です。一般職の削減総額は約55億8000万円となり、市長・副市長・常勤監査の特別職の削減額は約920万円となります。本議案は賛成多数にて可決。また、議員側としても、民主・自民・公明・ヨコハマ会・無所属クラブにて議員報酬と期末手当をそれぞれ10%減額する臨時特例に関する条例案を提出し、共産・みんな含め全会一致にて可決致しました。
時限立法にて7月1日~3月31日の期間の実行となります。

午後からは26年度予算のヒアリングを行い、今日は4団体から要望を頂きました。
明日も引き続きヒアリングが行われます。

また、夜8時からは参議院選挙対策会議が開かれ出席し、現況確認、今後の対策を話し合いました。日に日に近づく戦いに向け、更に危機感を持ち活動しなければなりません。引き続きのご支援をお願い致します。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    相鉄沿線少年野球30周年

    次の記事

    決意表明