消防ヘリコプター新1号機

昨日は9時より消防の視察にて金沢区の横浜ヘリポートに行って来ました。今年度予算にて1号機の新機種導入がされ7月1日より配備され、機種説明、装備説明など説明を受け、実際に搭乗もさせて頂きました。この1号機は旧1号機にくらべエンジン出力や航続距離が倍になり、一番大きな点は人命救助能力が旧型の1名に対し12名まで拡大されたことです。各段と能力が向上されたことで、更に横浜市の安全・安心を守り広域応援にも対応可能です。今後も心強い航空隊として活躍を期待しております。


また、横浜市の消防救急システムのYMISの活用を実際の模擬訓練を視させていただきました。
事故発生から119番通報が入り、出場指令、救急隊出動、現場到着時からYMISを活用しての医療機関選定までの一連の流れを確認しました。救急隊3名の行動で、それぞれの役割がしっかりとして医療選定まで無駄の無い行動でした。24年は横浜市内で171,000件もの救急要請があったことを考えると、更に救急隊の増隊や救命士の増員など、体制強化を図ることが必要であると感じます。
その後、横浜市会に戻り、13時からは横浜市教職員組合からの予算要望ヒアリングが行われ、また13時半からは、市民・文化観光・消防常任委員会が開かれました。3局を所管する委員会で、今回の委員会も18時までみっちりと掛かりました。




夜は、花上議員、中山議員、五十嵐議員、市野議員と一緒に横浜スタジアムにて開催のジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズの試合を観戦しました。初回にいきなりDeNAが3点をリードしましたが、終わってみれば6-12の惨敗で7連敗となりました。横浜市の活力の為にも、先ずは3位以内を確定させ、クライマックスシリーズに出場出来る様に頑張ってほしいです。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    初盆法要

    次の記事

    市長選対応