戸塚区大規模地震対応総合訓練

今日は7時より地下鉄踊場駅・踊場交番前交差点にて街頭活動を行ないました。戸塚区・泉区区界にて、泉区選出の松本きよし県会議員、麓理恵市会議員、戸塚区選出のそがべ久美子県会議員、坂本、また田中けいしゅう前衆議院議員の両区の議員参加にて実施致しました。
その後、10時より戸塚区PTA連絡協議会の会長・校長会に出席し、情報交換・グループ討議にて話し合いが行われました。また、終了後には、災害時の際に地域情報やスクールゾーン関係などの情報をFM戸塚さんに情報集約する協定締結式が行われ、FM戸塚福原社長との調印式に出席しました。今後も、子供達の安全を第一に様々な連携に努めて参ります。

午後には、旧戸塚区役所を活用して行われた、戸塚区大規模地震対応総合訓練を視させて頂きました。この訓練は大地震にて建屋内に取り残された方を、YMAT(救命センター医師団)と高度救助部隊、また戸塚消防署、戸塚区消防団、区役所自衛消防隊などとの総合的な連携にて救命・救助活動を行なうもので、とても高度な訓練でした。
中でも、取り残された密室を想定し、旧庁舎の天井を開口し、ロープにて隊員や医師団が投入・被害者を救出するといった訓練もされ、現物の建屋を利用した貴重な訓練だと感じます。解体前に、この様に活用され、市民・区民の安全を守る消防局の取り組みに敬意を表し、引き続きの活動をお願いします。




Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    決算第一特別委員会

    次の記事

    ファミリーコンサート