クィーンエリザベス初入港

今日、豪華客船のクィーンエリザベスが横浜港に初入港しました。
大桟橋に接岸するために、横浜ベイブリッジをくぐらなくてはならないのですが、ベイブリッジは水面から55mで、クィーンエリザベスは船高56m。この関係から水面が2m下がる干潮時の24時前後に入出港する事となりました。
9万900t、294mの巨大な船体が大桟橋一杯に接岸し、横浜港を更に魅力ある港にして頂いてます。やはり客船のある横浜港は良いですね!

ただ、昨年は横浜ベイブリッジをくぐれずに大黒埠頭に接岸したボイジャーオブザシーズを始め世界の客船は超大型化しており、横浜港としての超大型客船の対応策は急務だと思います。
寄港先として選んでもらえなければ、横浜の活力には繋がりません。
客船は5万tクラスでもその港の経済波及効果は2億円とも言われていますので、しっとりとした対応を要望していきます。

午後からは、常任委員会市民局に出席しました。

夜は、そがべ久美子県会議員の後援会コスモスの会役員会にお邪魔しました。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    民謡舞踊連盟発表会