台風19号対応

横浜市では台風19号に対する緊急対策にて、避難勧告発令予定リスト(約200箇所:大きな土砂災害が懸念される箇所)をリストアップし、土砂災害警戒情報が出された際に、各区役所が避難勧告を発令する体制を整えております。横浜市として区役所との連携を密にし対応することとなります。

この対応は台風18号にて市内で76箇所(内戸塚区19箇所)のがけ崩れが発生した関係からで、まだ水分を含んでいる市内各所の崖地に、19号が18号同等の勢力で市内を横断することとなると、その対応が重要となってきます。
まだ台風の進路が解りませんが、備えは万全を期さなければなりませんので、引き続き、横浜市としての災害・防災対応など、情報をお伝えして参ります。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    決算特別第2委員会

    次の記事

    常任幹事会