下水汚泥焼却灰の南本牧埠頭への埋め立てに関して

先ほど、林市長の記者会見があり、下水汚泥焼却灰の南本牧埠頭への埋め立てに関しては、市として9日発表、15日以降の埋め立て実施としていたものを、市民・埠頭関係者への説明不十分として、当面延期(埋め立てそのものは事実上「凍結」)するというものでした。本件は、放射能が関わる、とてもデリケートな内容であり、市民がもっとも不安を抱いている事項です。私の事務所にも、不安を抱く市民の方からご意見を寄せられており、林市長のご決断には敬意を表します。今後も市会としても、本件の取り組みや放射能に関わる事項に関しては、安全性の確保を大前提に取り組んで参ります。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ドック検診