本日

今日はタウンニュース投稿作業を行ない、夕方からは、民主党神奈川県連主催の神奈川県私立幼稚園連合会との意見交換会と戸塚区クリーニング協会の会議に出席させて頂きました。

私立幼稚園との意見交換会には、県連の組織・団体委員長の水戸将史参議院議員が座長となり、県会議員、市会議員、国会議員秘書の方が出席し、県私立幼稚園連合会の役員の方々と子育て等に関する現状と課題について意見交換を行ないました。幼稚園と保育所を統合した幼保一体施設の本格導入など、子育て施策を大きく見直す「子ども・子育て新システム」に関して、国の問題、県の問題、市の問題と多くのご意見を伺い、2013年度施行を目指している本システムが、今後の子育ての柱となる様に、課題を整理し、各行政に働き掛けて参ります。横浜市としては、待機児童数の減少に向けて取り組んでいますが、箱物を沢山造って、数合わせの取り組みだけではなく、現状定員割れしている、保育園、幼稚園の現状を確りと把握し、この活用方法も検討しなければ、真の待機児童対策には繋がらないと思います。安心して働くことの出来る子育て体制を構築するため活動を推進いたします。

戸塚区クリーニング協会の会議では、ドライクリーニング工場の建築基準法違反とされる引火性溶剤使用の店舗に対する改善要請に対してのご意見・ご要望をお聞き致しました。個人経営のクリーニング店では、ほとんどのお店がこの改善をしなければ営業が出来なくなってしまう内容でありますので、横浜市内各区の状況なども確認させて頂き、また、法律が関わる問題ですので、田中慶秋衆議院議員などにも確認させて頂きます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    22年度決算特別委員会