民主党政策進捗報告会

今日、民主党政策進捗報告会(神奈川会場)が行われ、参加致しました。この報告会は民主党政権誕生時に掲げたマニフェストがどこまで進んだのか?、出来たこと、出来なかったことは何か?、説明を受け、国民皆様が思っていることを直接伝えて頂くといった機会です。
しかし、今回の報告会の時間は2時間で、進捗状況の説明を聞いて頂くのは良いことですが、会を見ていて、質疑の時間があまりにも短く、最終的にはまだまだ質問したい方が20名以上いる中で、時間が来てしまったとして、質疑を打ち切ってしまったことは、非常に残念に感じました。お休みの日にわざわざ会場に足を運び、民主党のことを想い、民主党をもっと知ろうとしている状況であったと思いますので、運営方法に疑問を感じます。会を開くことが目的で、意見を行くことはパフォーマンスとみられても仕方ないと感じます。30分延長してでも、最後まで手を挙げて頂いている方の意見・要望はお聞きするのが筋であったと。。。

ただ、この取り組みはとても良いと感じます。民主党が何をしているのか?何をしたのか?皆が知る機会だと思います。政権をとってから1回/年でも開いていれば国民の理解度も違ったと思いますし、国民の声・地方議員の声が国政に届かなかったのも事実です。
初めての政権、初めての与党ですので、今回の失敗から確りと学び、次の糧としてステップアップして頂ければ良いと強く思います。我々地方議員も民主党所属議員であり、国民との接点でもあります。国会議員だけの両議院総会で物事を決めるのではなく、民主党所属議員全員、民主党議員総会なども検討頂き、もっともっと国民の声を聴く体制構築を求めていきたいと思います。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    福祉大会

    次の記事

    駅頭活動