福祉大会

第26回横浜市心身障害児者を守る会連盟福祉大会が、港北区にある障害者スポーツ文化センター・横浜ラポールにて開催され、こども青少年・教育委員会委員の立場にて来賓として出席させて頂きました。前国会において障害者自立支援法の見直しが行われ、新たに障害者総合支援法が成立致しました。この法整備に関しては、障害者の関係諸団体からは、看板の架け替えだけで抜本的な見直しになっていないとご指摘を頂いております。この先、福祉問題は避けては通れない日本の課題であり、障害者だけでなく、高齢社会に対応する様々な施策を進めていかなければならない状況です。国として出来ること、県として出来ること、市として出来ることをしっかりと確認し合い、より良い社会を構築していきたいと感じます。横浜市では、将来にわたるあんしん施策『親無き後も安心して地域社会が送れる仕組みの構築』として、特に後見的支援の充実に向け予算化し事業を推進しております。予算の確保、場所の確保、人材の確保と今後も充実に向け活動をすすめていきます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    帰国しました

    次の記事

    民主党政策進捗報告会