義弟が来宅

昨日、福島いわき市にて生活をしている、義弟家族が遊びに来てくれました。3/11の東日本大震災発災後は原発からの非難で、途中ホテル泊をしながら静岡の実家にて一時避難生活をした家族です。当時は、私も初選挙の関係から全然手助けも出来ずに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。壊滅的な被害を受けたいわき市、放射能との戦い、共存をせざるを得ない状況の中、笑顔にて遊びに来てくれて、逆に元気付けられました。 

目に見えない放射能だからこそ、10年後、20年後に悲劇を起こさない政府の対応を強く求め、私も民主党所属の地方議員の一人として責任を感じながら活動致します。

One for all,all for one ラグビーで有名な言葉ですが、正に今の世界・政治家はこの言葉を実行すべきですね!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    24年度予算要望作成作業

    次の記事

    戸塚納涼大会開催