世界遺産登録

今朝の新聞に掲載されておりましが、先日、イコモスから、世界文化遺産へ「不登録」とする勧告を受けた「鎌倉」(神奈川県)について、文化庁長官が、「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録推薦を取り下げることを示唆したと報道されました。
6月に開かれるユネスコ世界遺産委員会で「不登録」が決議された場合は、再び推薦できなくなることから、もう一度登録に向けて準備をした方が、登録に近づくとの認識で、私も同感で、再度世界遺産登録に向けて全てを見直し、地域全体が鎌倉を世界にアピールする体制を構築することが大事だと感じます。
このまま6月のユネスコ世界遺産委員会で1ランク上の「登録延期」になる可能性もあるものの、再推薦出来なくなる事態だけは避けて頂きたいですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    常任委員会最終日

    次の記事

    がん議連視察